巻き爪矯正

100回を超える講演実績!

巻き爪矯正のメリット

巻き爪矯正の流れ

  • 典型的な巻き爪

    1. 典型的な巻き爪

  • 2. B/Sブレイス(巻き爪矯正板)を装着する部分の爪を滑らかにするために、少し爪を削ります。

  • 3. B/Sブレイスの中央に特殊な接着剤を塗り、爪の中央にのせます。

  • 4. B/Sブレイスが爪の中央に付いたら、爪の両サイドに片方ずつ接着剤でつけます。

  • 5. B/Sブレイスの角が靴下やストッキングなどに引っかからないように、特殊工具で研磨します。

  • 6. B/Sブレイスを装着後、3か月の状態。

    6. B/Sブレイスを装着後、3か月の状態。
    巻き爪の矯正期間は、爪の状態や生活様式により、個人差があります。

指導管理

巻き爪の発生の多くは、普段履きの靴が悪いために起こります。
いくらB/Sブレイスをつけても、靴が悪ければ、巻き爪は治りません。
当院では、良い靴の選び方などの指導管理もいたします。

施術内容・施術の流れについてはこちら

施術料金など詳しく知りたい方はこちら

アクセス

住所〒474-0025
愛知県大府市中央町6丁目74-1※ほまれ接骨院内
火・水・金13:00~20:309:00~12:00定休日日・祝

0562-57-7110
お問い合わせ詳しくはこちら

お問い合わせはお気軽に